2018年 7月 23日 (月)

ダルビッシュ有 「斎藤くんか。 盛り上がるね」

印刷

   プロ野球ドラフト会議が10月28日(2010年)に行われ、注目の1人だった斎藤佑樹投手は日本ハムファイターズが交渉権を得た。

   契約がまとまれば、パ・リーグでプレーすることになる期待のルーキーに、日ハムのエース・ダルビッシュ有投手はツイッターですぐさま、「斎藤くんか。 盛り上がるね」とつぶやいた。つぶやきには顔文字もあり、チームメートとしても歓迎ムードといったところか。

   一方、4年前の夏の甲子園決勝戦で、斎藤投手(当時は早稲田実業)と延長15回引き分け再試合を演じた駒大苫小牧のエース、現楽天イーグルスの田中将大投手。ブログには「(ドラフト中継を)見ているこっちが緊張したよ」とぽつり。ところが勝負となれば話は別なのだろう、田中投手は「色々と楽しみだわ」と挑戦を待ち受けているようだ。

   もっとも、一番熱くなっているのはプロ野球ファンのようで、田中投手のブログには「来期からマー君世代がプロ野球を盛り上げて下さい」「斎藤くんがパに来て面白いですね」「斎藤君との投げ合いとか、夢は広がりますね」といった書き込みが、ふだんよりも多い約400件が寄せられ盛り上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中