水嶋ヒロ「とくダネ!」独占インタビュー「できれば映画化」

印刷
「光栄なことに大賞をいただき、身震いしております」

   きのう(2010年11月1日)行われた第5回ポプラ社小説大賞の授賞式で、大賞を受賞した俳優の水嶋ヒロ(26)は、なんとも率直な言葉で新人作家誕生を印象づけた。

   ところが、その前から「とくダネ!」のカメラがずっと彼に密着していた。多分、水嶋夫婦と親交が深い小倉智昭の仕掛けだろうが、ここでも言葉が実にストレートだった。

「テーマは生と死」

   授賞式へ向かう車の中。

賞金もらってもいいのに
「作家になろうという気持ちじゃなく、何か自分の中にあるものを表現しようと思った時、いちばん良かったのが執筆だった」
「ボクのなかにあるメッセージを何かしらの形で伝えられたら、というのがきっかけです」

――執筆はいつごろから。

「1年半くらい前からですかね、構想も執筆も含めて。仕事が終わって夜遅くコツコツと書き進めていたんです。ヒマさえあれば書いてました。作品は命がテーマの作品です。子どものときからいろんな経験をしていく中で、たくさんのカベに当たって、自分の生についてというか、生と死について深く考える機会が幼い頃から多かったんですよ」

――応募を斎藤智にしたのはなぜか。

「水嶋ヒロだとちゃんとした評価をもらえているのかわからない。本名で出すことで、しっかり評価してもらえるかなと」

――絢香さんは何と?

「自分のこと以上に喜んでくれた。嬉しかったです」

   会場前についたら大勢の報道陣。

「ウワッ、たくさんいらっしゃいますね。すごいですね」

   会見の前に廊下・控え室では、「本名なので全然違う気持ちですね。どうスイッチをいれたらいいのか正直わからなくて」と話していた。執筆でこころがけたことはこんな点だ。

「読み終えた人がきちんと映像を頭の中で描けて、1本の映画を見終わったような感覚になってもらえたらいいなと思いながら書き上げた。挑戦だったので、常に『これでいいのか』『ちゃんと伝わるのか』って悩みつつ書いてました。
もちろん映画化を目指したいと思いながら書いたので、かなったらいいですね」

   ――映画化されたら主演は水嶋ヒロ?

「全然違います。ボクは構想からはずれてます。ボクはいないです」

ポプラ社社長「50万、100万部目指します」

   ポプラ社の坂井宏先社長が現れる。

「素晴らしい作品をありがとうございます。一生懸命売って50万、100万部を目指したいと思ってます」

   社長が去って水嶋、「本当なんだね。ちょっとづつ実感が湧いてきました」

   帰りの車の中では、「これから創作活動、クリエイティブな活動をしていくうえで、常に着手しているもの、これからチャレンジしていきたいもの、ゆっくりと丁寧に一つひとつの作品と向き合っていきたい。絶対待ってくれている人がいると信じているので。待たせた分、何かお返しできたらいいなと、明日からまたがんばっていきます」

   小倉「結婚会見でも思ったが、今回も律儀でしっかりしてる。彼はいつもああなんです。(賞金2000万円の辞退に)ボクはもらってもいいんじゃないと言ったんだけど、どうしてもそうしたいと」

   水嶋は9月に事務所を辞めているが、応募は6月23日で415番目の受け付けだったそうだ。小倉が「(ストーリー)教えてよ」と言っても、「読んでください」の一点張りだったとか。しかし、出版は先になりそうだという話もある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中