元日テレアナ・脊山麻理子 「就活はお見合いと同じ」

印刷

   元日本テレビのアナウンサーで現在フリーの脊山麻理子(30)が2010年11月1日のブログで、自身の就職活動を振り返り、学生に向けたアドバイスを書いている。

   04年に慶応大学を卒業して日本テレビに入社した。テレビ局に提出したエントリーシートはとてもシンプルで、たとえば「あなたをアピールして下さい」という項目には、留学経験やアナウンサーになろうと思ったきっかけだけを書いた。「どんなアナウンサーになりたいか」に対しては「ニュースキャスター、及び映画や建築、写真など芸術的文化を伝えるアナウンサーになりたいです」。いまでもその気持ちは変わらないという。

   脊山いわくエントリーシートは「結婚のお見合いの身上書のようなもの」。結婚相手を考えるときと同じように、まず名前、そして出身地、出身校、家族構成など、「その人がどんな環境で築かれた人なのか」をアピールすることが大事だという。また、面接官は何千通もの「ラブレター」を読むので、「たくさん書いてあるよりシンプルなほうが、伝わるのかなと私は思います」とのこと。

   面接もお見合いと一緒で、好印象を与えるために1番大事なのは、挨拶と名前を名乗ることだそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中