英国バンド「ハドーケン!」YouTube動画に乗せて新曲プロモーション

印刷

   ケイティ・ペリーやカニエ・ウェストら、米国の人気アーティストのミュージック・ビデオが目立つYouTube(ユーチューブ)の再生回数ランキング(国際版)で、「PEOPLE ARE AWESOME」というややもすればアピール度の低い動画が上位に入り、スマッシュヒットとなっている。10月25日(2010年)の公開から約1週間で400万回以上再生された。

目を疑い、目がくらむ映像

   この動画はYouTubeに載っている「スゲエ」動画――オートバイや自転車、スケボーなどのスタント、バスケやサッカー、チアリーディグといったスポーツなど――を56個もコンピレーションしたもの。目を疑い、目がくらみ、ときには覆いたくなるような映像がてんこ盛りだ。YouTubeでかつて大反響を呼んだ動画も多く含まれていて、一見の価値があることは言うまでもない。

   そして、このビデオを投稿したのがイギリスのバンド「ハドーケン!」のオフィシャルチャンネルだというのも、ちょっとおもしろい。誰かがYouTube上の映像を、自分の好きな音楽に合わせてコンピレーションした動画はよくあるが、今回はアーティスト側自らがYouTubeから映像を編集し、そこに自身の楽曲を合わせているのだ。これまで主にYouTubeのビデオ映像に利用されてきたアーティスト側が、逆にYouTubeのアーカイブをBGVとして利用したレアケースである。

   ビデオで流れている曲は、10月中旬にリリースされた新曲の「Mecha Love」。したがって、「PEOPLE ARE AWESOME」は新曲のプロモーション効果も狙った、いわばYouTube限定バージョンのミュージック・ビデオとも言えるだろう。

   なお、「Mecha Love」の本来のオフィシャルMV(http://www.youtube.com/watch?v=DfjuVCyzToY&feature=channel)には、2004年公開の日本のアニメ映画「APPLESEED」からのコンピレーション映像が使われている。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中