「斎藤佑樹の早慶戦」日本シリーズを食っちゃった!新聞も別格扱い

印刷

   司会の小倉智昭が開口一番、「日本シリーズより六大学野球の方が新聞の扱いが大きいというのは面白い」。むろん早慶決勝戦を勝った早稲田大の斎藤佑樹のことだ。「その斎藤選手の言葉をノーカットでお送りします」

   試合のあと、球場で「斎藤佑樹は何かを持ってるといわれてきました。それが何かを考え、確信しました。仲間です。仲間がいて、慶応大学という素晴らしいライバルがいて、ここまで成長できたと思います」

   大学での祝賀会では「チャンスをつないでくれた仲間、早稲田を応援してくれた仲間、ここに集まっているすべての仲間に感謝します」。4年前、新人で開幕勝利投手となった斎藤が、「自分がいる4年間は、早稲田の黄金時代を切り開きたいと思っています」と意気込んだ同じ舞台だ。

きょうドラフト会見

   この日(2010年11月3日)、神宮球場は予定より1時間も早くチケットの販売を始め、開始1時間前には外野席まで完売。20年ぶりという。最終的には、 球場の収容人員を上回る3万6000枚(立ち見席も)を完売して、大入り袋まで出た。

ヤクルトにしてみれば…

   試合は初回に早稲田が3点を先制すると、斎藤は7回までノーヒットの快投。5回には自ら三遊間を破って追加点。7点のリードで迎えた8回、エラーと連打で5点を失ったところでマウンドを降りた。リリーフはドラフトで西武から1位 指名された大石達也。快速球を主体に最後の打者を三振にとって、早稲田は4季ぶり42回目の優勝を決めた。

   小倉が「何かを持っている。それは才能ですといわないところがいいね」

   慶応野球部OBの田中大貴アナは「個人的には口惜しい思いだった」と言うが、斎藤には「新人で開幕勝利投手、最後も勝利投手になるといいね」と言っていたのがその通りになった。きのう斉藤に聞いたら、自分には「おつかれさま」と言いたい。田中が「自分をほめたいとは思わないの」と聞くと、「仲間がチャンスを作ってくれたんだから、自分はほめられるようなことはしていません」と答えたという。

   田中「人間的にも素晴らしい」

   小倉「ヤクルトはうらやましいだろうね」という。ヤクルトは斎藤が欲しかったのを、日ハムにもっていかれた。斎藤らはきょう初めてドラフトについての会見をする。

   小倉は「札幌の人たちは喜んでるだろう。日本ハムはいいところへ目をつけましたね」と、作家の福田和也に話を振ったら、慶大教授の福田は「5点取った時は逆転するかと期待したんだけど…」(爆笑)

   まだ口惜しいらしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中