朝ワイドでカラオケやっちゃったノーベル賞受賞教授

印刷

   きのう(2010年11月3日)、文化勲章を受けた根岸英一・パデュー大学特別教授(75)がすみれ夫人(73)とともに「とくダネ!」スタジオに登場した。  鈴木章・北大名誉教授とともに、今年度のノーベル化学賞を受賞したのを受けて、文化勲章、文化功労賞が決まるのはいつものことだ。根岸教授は生活拠点がアメリカなので、日本のテレビには滅多にないチャンスというわけだ。

「東大落ちたら芸大いこうと思った」

   受賞は1977年の「根岸カップリング」の功績だが、ノーベル賞に決まったとき「50年の夢がかなった」と率直に言っていたが、「こういうことを考え始めたのは1960年代からですから50年」と話す。

気になるシーン

   すみれ夫人「内容は知りませんが、ノーベル賞のバスに乗り遅れるといっていたので、どういうバスかと思っておりました」(大笑い)

   キャスターの笠井信輔「気になるシーンがあります」と教授がつねに夫人をいたわるように支えている映像を指して、「なぜ触るんですか」と無粋な質問。

   根岸「50年間一緒にやってきた表れかも」

   夫人「(足が悪くて)まっすぐ歩けませんから、転ばれると困るからでしょう」

   すみれ夫人は根岸氏の学友の妹さんだ。

   司会の小倉智昭「勉強もされたんでしょうが、恋愛の方も…」

   根岸「時間差でやっていたんではないかな」

   笠井に「夫としては?」と問われた夫人は、「他の夫と比較できないから」

アメリカ暮らしはゴルフ安いから

   根岸氏の趣味は音楽。それもピアノを弾き、指揮者の経験もあり、自宅にカラオケセット。笠井がいきなりマイクを手渡してカラオケになった。さだまさしの「案山子」

   これがまたすんなりと「元気でいるか 街には慣れたか」と歌い始めた。年に似合わずいい声だ。夫人は「しょっちゅう歌ってる」

   小倉「東大じゃなくて芸大にいこうなんて考えたことありません?」

   冗談のはずだったが、意外や「そんなこと言ったことあります。東大落ちたらと」

   小倉「アメリカにずっといるのは、ゴルフのフィーが安いからとかじゃないですよね?」

   根岸「それもあった。年間で4000円ですから(笑い)。しかし、日本に戻るのがうまくいかなかったのもある」

   そこで持論。

「スポーツであれ何であれ、若い人は世界を舞台にしてほしい。イチロー、松井、宮里藍……いるでしょう。学問の世界はもっともっと」

   小倉が「いま目標は?」

   根岸「エージシュート」(笑い)

   夫人「カラオケでデビューしたいと」(大笑い)

   カラオケはこの日の打ち合わせで決まったらしい。エンディングで小倉が「打ち合わせでボクはばかなこと言うんじゃない。何考えてんだと言ったんだけど」と、舞台裏を明かしたが、しれっと歌っちゃった教授の方が役者が1枚も2枚も上だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中