「龍馬伝」斬殺イギリス水兵タレント大麻で逮捕・起訴

印刷

   NHK大河ドラマ「龍馬伝」で斬殺されるイギリス人水夫を演じたカナダ人俳優が大麻取締法違反で逮捕・起訴されていた。起訴されたのはキャスピ・トロイ・アレクサンダー(37)で、8月(2010年)の撮影後に自宅アパートの炊飯器の中に乾燥大麻を所持、9月に神奈川県警に現行犯逮捕された。

   アレクサンダーが出演した第44回「雨の逃亡者」は10月31日に放送されたが、NHKも逮捕・起訴を知らず、放送後の視聴者からのメールで知ったという。ちょい役だが、イギリス船員惨殺事件はドラマの重要なシーンなのでカットするわけにはいかず、出演者の字幕からアレクサンダーの名前を削除して6日に再放送する。

   アレクサンダーは外国人専門のタレント事務所に登録していたが、事務所も逮捕・起訴を知らず、NHKが確認した。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中