2018年 7月 21日 (土)

内部告発サイト「ウィキリークス」次のターゲットは中国とロシア

印刷

   アメリカ軍の機密情報40万点をインターネットに流したウィキリークスなる内部告発サイトが波紋を投げかけている。公表された情報の中には衝撃的なものが少なくない。3年前、アメリカ軍の攻撃によってイラクの民間人10数人が死亡、子ども2人が大ケガをした動画は生々しい。軍のヘリコプターから撮影した映像だ。ヘリの米兵が地上を歩くカメラマンが持つカメラをロケット砲と勘違いし、発砲したのである。また、イラク戦争の民間人犠牲者が、これまで発表された数よりはるかに多い6万6000人であることを明らかにした。

   なぜ、重大な機密が大量に流出したのか。番組はウィキリークスの実態に迫った。

世界中に1200人の協力者

   「ウィキリークスサイト」の創設者、ジュリアン・アサンジ(39)が単独インタビューに応じた。番組スタッフはアサンジの協力者と1か月余り交渉、ストックホルムでようやく彼に接触する。スウェーデンは内部告発者を保護する法律が整備され、ウィキリークスの協力者も数多いという。ウィキリークスのサーバーも、冷戦時代に核シェルターとして使われていたストックホルムの地下施設に置かれている。

   「アメリカ政府は私をスパイ容疑で告発しようとしている。追われているから大変なんだ」とアサンジは話す。オーストラリア出身で、10代のころは天才ハッカーとして名をはせ、NASAのコンピューターに侵入、システムを停止する騒ぎになったらしい。こうした経験を生かして作ったのがウィキリークスだという。ハッカー仲間だけでなく、ジャーナリスト、暗号の専門家など世界で1200人の協力者がいるそうだ。

   ウィキリークスのシステムはこうだ。ホームページに投稿された機密文書を暗号化→各国の協力者のコンピューター→ウィキリークスのサーバーへと送られる。発信元の情報は消され、内部告発者の身元はわからないようになっている。

   機密公表に力を入れる理由について、「マスコミは政府の言いなり。権力の監視役を果たしていない。だからわれわれがその穴埋めをやっている」と語る。

文   アレマ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中