2020年 12月 1日 (火)

「腐女子」怪しく興奮…アキバの新・珍商売「ボーイズラブバー」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   メイド喫茶ではない。ゲイバーともホストクラブともひと味違う。そんな日本初!?の女性向け「ボーイズラブバー」が秋葉原にあるという。

   雑居ビルの一角で、怪しげな青い光を放つ「ミラクルジャンプ」に番組スタッフの女性が入店。すると、一斉に「腐女子お一人様ご来店でーす!」と掛け声が飛ぶ。

股間に手のばし合うイケメン2人

   この店では、400人から選抜されたという8人のイケメンが、ボーイズラブもののフィクションさながらに、ラブラブするなどのメニューが用意されており、客はその様子を観賞して楽しむことができる。

見せてるんですか

   至近距離で語らうイケメン2人。ひとりの手がもうひとりの股間に伸びていく。「キャー! 近い近い!」と喜ぶ!?番組スタッフ。常連客の女性たちは「神秘的というか、無限大」「違う世界を見ると、現実を忘れられる」「夢の国」などと、その魅力を語る。 スタジオでは、この手のカルチャーにくわしいというコメンテイターの勝谷誠彦に質問が集中したが、「勝谷さんもボーイズラバーなんですか」(加藤浩次)、「勝谷さんも見せてるんですか」(テリー伊藤)など、質問があらぬ方へ向かっていた。

文   ボンド柳生| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中