APF通信・山路徹記者ミャンマー拘束前にツイッター発信

印刷

   APF通信の記者、山路徹さん(49)がミャンマーで拘束された。不法入国の容疑という。ミャンマーでは20年ぶりの総選挙が行われ、軍事政権が外国人ジャーナリストの入国を厳しく制限していた。

   コメンテーターの鳥越俊太郎(ジャーナリスト)は、山路記者とは何回も取材をともにしたと言い、「彼はおそらく覚悟のうえで入った。彼のツイッターを見れば分かる」と話す。

   山路記者はツイッターにこう記していた。

「入るなと言われれば、どんな手段を使ってでも入り、取材し伝えるのが私たちの仕事。見ていてください、長井さん」

   ここに出てくる長井さんは、3年前、ミャンマーのヤンゴンで反政府デモを取材中に射殺されたカメラマン、長井健二さんのことだ。このとき遺体を引き取りに行ったのが山路記者だった。

拘束長引く心配

   田中喜代重(弁護士)も山路記者とは仕事を一緒にしたことがあるそうで、「頑張る方で、(覚悟の入国は)雰囲気的にあり得る。密入国だから殺されることはないと思うが、どれくらい身柄を置かれるか心配」と法律家らしいコメント。

覚悟のうえの入国

   鳥越が「一定程度、勾留されるだろう。それを報告することによってミャンマー問題を世界中にアピールしたいのだろう」と結んだ。

   トップ・ニュースにしたのはコメント陣の「押し」があったからだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中