45歳中日・山本昌 「落合監督から来季OKもらった」

印刷

   プロ野球・中日ドラゴンズの山本昌投手(45)が11月8日(2010年)、プロ28年目を迎える来季への意欲を自身の公式サイトで語っている。

   千葉ロッテとの日本シリーズの敗北には「残念ながら日本一にはなれず申し訳ありません」。山本昌投手は第4戦に先発したものの、3回3失点で降板。これまで6試合登板している日本シリーズだが、未だ勝利がない。「ボク自身の勝ちよりも、とにかく日本一のチームに加わりたいという思いでいたのですが…」と無念さを語る。

   試合後は、落合博満監督ら首脳陣に来季も現役を続けたいと話し、快諾を得たという。オフシーズンには契約交渉を控えているが、「とりあえず来年もユニホームを着られることが決まりです」と報告。「こんなオジサンがやってていいのかという思いもありますが、今年は3分の2も野球ができなかったのに、あきらめずにやってきてよかったという思いも強く、もう少し夢を追いかけます」とやる気十分だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中