「教師が忙しすぎるからいじめ防げない」に賛否激突

印刷

   群馬の小6女子の自殺を契機に、「スッキリ!!」はいじめ問題キャンペーンを展開中だ。視聴者に呼びかけたところ、いじめに悩んでる家庭から続々とFAXが寄せられ、現役教師からも意見が届いているという。

   そのなかには、学校側がいじめに対応できない一因として、「多忙」をあげる教師もいる。度重なる教育改革などを経て、研修・会議が急増し、授業が終わったあとも、教師はそれらが目白押しで忙しすぎる。時間がない。余裕がない。放課後に子どもと触れあう時間がなく、目配りができない。そんな現状がいじめの防止、早期発見などを阻害しているといったことである。

時間に余裕もてれば…

   これに対して、コメンテイターのテリー伊藤は「多忙」を一種の責任逃れと見て、「忙しいから(いじめを防げない)って、人のせいになってますよね」などと、あからさまに嫌悪感を示す。

責任逃れ

   「多忙なのは事実だろうが、熱意もなくなってるような気がする」とは弁護士の本村健太郎。

   一方、小室淑恵・ワーク・ライフバランス社長は「民間企業でも、長時間労働の職場にはいじめが多い。(教師)個人の抱えるストレスは大きく影響してると思う」と言う。教育評論家の尾木直樹も、教師が多忙で教育上の問題がさまざま起きていると、以前から主張しているひとりだ。

   司会の加藤浩次が「前のように教師が時間に余裕を持てればいじめは減りますか」と、ちょっと懐疑的なニュアンスを含みつつ聞くと、尾木は「減りますね」と即答した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中