今月末に来日公演「ボン・ジョヴィ」好きな曲1位は意外にも…

印刷

   このところ、アメリカの大物ベテランロックバンド「ボン・ジョヴィ」の国内メディア露出がにわかに増えてるようだ。ベストアルバムが発売され、カップヌードルの替え歌CMに起用され、11月30日、12月1日(2010年)には来日公演も予定されているという。

   そんななか、「スッキリ!!」は200人を対象に「あなたの好きなボン・ジョヴィの曲」の(街頭?)調査を行った。アルバムでいえば「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」から「ニュージャージー」あたりの栄光の1980年代――ビッグステージ宙づり移動もこよなく似合うヘアメタル・アンセムがチャートを独占するかと思いきや、結果はそうでもなかったようだ。

   「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(86年)は3位。CMの元ネタとなった「禁じられた愛」(86年)は2位で、「バッド・メディシン」はランク外となった。1位に輝いたのは「イッツ・マイ・ライフ」(2000年)だ。

「(ボン・ジョビは好きで)ずっと聴いてました。イッツ・マイ・ライフの『ナウ・オア・ネバー』(という歌詞)――自分の人生、いまやんなきゃダメだというのは、思春期にはグサグサきました」(コメンテイターの三船美佳)

   ちなみに5位は「夜明けのランナウェイ」(84年)、4位は「オールウェイズ」(94年)だった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中