2018年 7月 21日 (土)

今月末に来日公演「ボン・ジョヴィ」好きな曲1位は意外にも…

印刷

   このところ、アメリカの大物ベテランロックバンド「ボン・ジョヴィ」の国内メディア露出がにわかに増えてるようだ。ベストアルバムが発売され、カップヌードルの替え歌CMに起用され、11月30日、12月1日(2010年)には来日公演も予定されているという。

   そんななか、「スッキリ!!」は200人を対象に「あなたの好きなボン・ジョヴィの曲」の(街頭?)調査を行った。アルバムでいえば「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」から「ニュージャージー」あたりの栄光の1980年代――ビッグステージ宙づり移動もこよなく似合うヘアメタル・アンセムがチャートを独占するかと思いきや、結果はそうでもなかったようだ。

   「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(86年)は3位。CMの元ネタとなった「禁じられた愛」(86年)は2位で、「バッド・メディシン」はランク外となった。1位に輝いたのは「イッツ・マイ・ライフ」(2000年)だ。

「(ボン・ジョビは好きで)ずっと聴いてました。イッツ・マイ・ライフの『ナウ・オア・ネバー』(という歌詞)――自分の人生、いまやんなきゃダメだというのは、思春期にはグサグサきました」(コメンテイターの三船美佳)

   ちなみに5位は「夜明けのランナウェイ」(84年)、4位は「オールウェイズ」(94年)だった。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中