ホメてもノビそうにない「新世代のお笑い」ありがち企画

印刷

「ホメられてノビるくん」(フジテレビ)2010年11月9日0時45分~

   10月スタートの深夜番組。メンバーははんにゃ、ジャルジャル、ロッチ、我が家、バカリズム。「爆笑レッドシアター」メンバーのフルーツポンチ、柳原可奈子、狩野英孝がはずれて、バカリズムが加わったかたちだ。
   この日は2回目の放送。最初の企画は「とれたて夢診断」。メンバーの寝起きを襲って何の夢を見ていたかを聞き出し、そこから深層心理を探ろうというもの。
   2つ目は「ホメてアゲ亭」。何を揚げているかわからない串揚げを食べ、味覚を頼りに食材を当てるもので、5本連続で当てることが出来ればご褒美を貰え、失敗した場合は「わさび串」を食べなければならないというのがルール。1串目ハム、2串目バナナと正解を出していたが、3串目の長ねぎをジャルジャル後藤が玉ねぎと間違えて罰ゲームに……。
   番組の最後にはメンバー全員が一世風靡のようないでたちで、「前略、道の上より」風な「ホメられてノビるくんのテーマ」を熱唱する。
   「夢診断」はよくある寝起き企画。「ホメてアゲ亭」も「めちゃイケ」の目を閉じて鼻をつまみ、味覚だけで料理を当てる「シンクロナイズドテイスティング」のアレンジのようなものだし、エンディングテーマは一世風靡のパロディと、新世代のお笑いなんていったところでぱっとしない内容。「ホメられてノビるくん」だけになんとかホメてあげようと思ったが、今のところホメの要素ゼロ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中