老けたなあ森本毅郎…白髪出演者たちとどんよりトーク

印刷

「噂の!東京マガジン」(TBS)2010年11月14日13時~

   何年振りかで見たら、森本毅郎が老けてたぁーーー。頭は白髪だらけ、よせばいいのに伸ばした顎ひげもごま塩のまだら生え。全体に汚い老人という印象である。他にも笑福亭笑瓶など白髪頭がぞろぞろいて、かつての生き生きした辛口トーク番組の良さがなくなっていた。印象が変わらないのはニコニコ井崎修五郎だけだ。
   舌禍事件で降ろされて、10ヶ月後に関西の番組で復帰した北野誠が、昔通りにデカい態度のままで座っている。業界から消されたとまでいわれたのに、ケロリと元通りに出演しているのは、事務所の力関係だろうが、大甘のテレビ界を象徴していた事件である。喉元過ぎれば、どころか、喉元過ぎなくてもすぐ忘れるテレビ界。
   中吊り大賞は相変わらずで、TRYすなわち「やって、とーらい」の料理作りのテーマがこの日は酢豚。自信満々だったある女性、「ケチャップいれないの」と聞かれて自信が無くなり、わざわざ母親に電話したら、「入れるわよ」といわれてがっくり。他にはとろみの片栗粉が松脂みたいにくっついてしまった女がいたり、12人中、ちゃんと作れた人は2人だけだったそうだ。この企画自体はまあまあ、おちょくり口調の男性ナレーションは面白い。
   サブМCの小島奈津子が「結婚ていいですよ」と唐突に笑顔でいった。幸せなのはご同慶の至りだが、仕事し過ぎたらその結婚も壊れるかもしれないぞ。余計なお世話ではあるが。シャンシャン。

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中