厳重注意ブーメラン現象 仙谷長官の「暴力装置」発言

印刷

   次々と繰り出す判断ミスや身内同士のケンカ、方言、暴言で菅政権へのバッシングが止まらない。

   今朝(2010年11月19日)の『朝ズバ!』が取り上げたのは柳田法相の『スチャラカ放言』の続き。

撤回と謝罪要求され…

   柳田法相に『厳重注意』したばかりの仙谷官房長官が、今度は11月18日の参議院予算委員会で自ら暴言を発した。自衛隊の政治的中立をめぐる問題で答弁に立った仙谷長官がこんどは「暴力装置でもある自衛隊……ある種の、ある種の軍事組織」と。

どうなるの?

   自民党の世耕議員も看過できないと即座に「撤回と謝罪」要求したが、仙谷長官は「撤回して実力組織と言い換えます」と、わけのわからない答弁を。

   案の定、謝罪がなかったことに、委員会会場から「自衛隊をバカにしているのか」と大声でヤジが飛んだ。

   仙谷長官のこの後の答弁も「法律上の用語としては不適切でございましたので自衛隊の皆さんに謝罪します」ともって回った言い方を。

   「法律上の用語」は余分。菅政権NO2になっても、旧社会党議員だったころの『アンチ自衛隊』の考えが抜けていないと見える。

   自民党は、柳田法相の問責決議案を参議院に提出する方針で、野党各党も賛成する考えという。提出されれば可決する見通しだ。

「泣きっ面に蜂」

   スタジオでは、司会のみの・もんたが「問責決議、いったいどうなるんでしょうね」と呆れた。

   これに毎日新聞論説副委員長の与良正男が次の発言を。

「泣きっ面に蜂というか、普天間基地移設問題から始まって領土問題、経済問題、財政再建などこの国をどうするのか、皆が心配し国会で議論してほしいと思っているのにこのありさま。柳田発言にはコメントする気もない」

   自民党は柳田法相のほかに仙谷長官、馬淵国交相への問責決議案も準備しているという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中