早大・斉藤佑樹が泥酔した夜 日本一と涙とプロ入り

印刷

   またも斎藤佑樹だった。きのう(2010年11月18日)行われた大学日本一を決める明治神宮野球大会決勝、早稲田―東海大戦で、2点リードの9回に登板した斎藤は、2人を三振、最後の1人を内野ゴロにうちとって、マウンド上でガッツポーズ。

   実は早稲田はこれが初優勝だった。先の劇的なリーグ戦優勝に続く有終の美。大学4年間を最高の形で終えた感激からか、涙ぐんだ。「うれし涙です。ベンチ裏で4年生が泣いていたので。友だちに感謝したい。キャプテンやっていてよかった」

「最後は主将が締めろ」

   試合は投手戦になった。早稲田はドラフトで広島1位指名の福井優也。東海大の3年生菅野智之は、巨人の原辰徳監督の甥で、150キロの速球投手だ。

別格だね

   2回早稲田の守備の乱れから東海大が1点をリード。しかし6回、早稲田は2アウト満塁からライト前ヒットで2点と逆転。ここで、西武1位指名の大石達也が登板して、150キロ超の速球で2イニング5三振のパーフェクト・ピッチングを見せた。

   そして9回、応武監督は「最後は主将が締めろ」と斎藤をマウンドに送り出した。斎藤は期待に応えて12球で締めくくった。「最後は大石のはずだったが、2人の気持ちを背負って、いいピッチングができてよかった」。会見で「今夜は?」と聞かれ、「近所に迷惑をかけるかもしれない」(笑い)

   小倉智昭「たいした男ですね。でも泣くとは思わなかった。うちなんか、夫婦でニュース見ながら泣きましたよ」(笑い)

「何かを持ってる」

   レポートの田中大貴は、「高校でも日本一、大学でも日本一になってプロ野球に行くという最高の形。昨夜連絡したら相当泥酔していて、あまり飲まずに節制してきた彼がそこまでというのは、相当嬉しかったんでしょう」という。

   神宮大会では早稲田はこれまで10回出場して1回も優勝がなかった。斎藤がキャプテンになって、初めてというわけだ。

   小倉が「若い人のなかで、斎藤と石川遼は別格だね。斎藤は、ここぞというときに勝つ。やっぱり何かを持ってる。北海道も活性化するだろうし」

   中野美奈子「これだけ注目されても、すごく謙虚ですよね」

   田中「バランス感覚がいい」

   小倉「大学で投げた投手はダメだといわれたりするが、彼のピッチングは長持ちするんじゃないか」

   みんなそう願っているんだろうな。確かに何かがある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中