民主「失言」内閣の正体 「政治家失格自ら証明」

印刷

   あいかわらず暴言・失言・訂正・謝罪が続く民主党の菅内閣。昨日(2010年11月18日)開かれた参議院予算委員会では、1日で5人の閣僚が謝罪するという異例の事態となった。

   ことの発端は柳田法相の広島市での就任祝の会での発言で「法務大臣はいいですよ。2つ覚えておけばいいんですから。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』『法と証拠に基づいて適切にやっている』わからなかったらこれを言う」という発言であった。これに野党が猛反発。国会軽視だと法相の責任問題を追及した。

法相に続き官房長官も

   さらに火に油を注いだのが仙谷官房長官の発言で、自衛隊と国家公務員との違いを問われると「自衛隊は暴力装置」と答弁し、これまた大きな物議をかもし出してしまった。騒然となった委員会に仙谷長官は慌てて発言を訂正するとしたが、野党側の反発は収まらない。

時間の無駄

   今朝(11月19日)のスパモニでは早速この問題を取り上げ菅内閣のあり方を検証。メインコメンテーターの山口一臣・週刊朝日編集長は

   「国民生活に直結する補正予算を1日でも早く通さなければいけないのに、どうしてこんなに失言・暴言が相次ぐのか。事業仕分けではないけれど、これこそ無駄。時間の無駄」と切り捨てた。

   また、ゲストコメンテーターの松尾貴史(タレント)は

   「失った時間は取り戻せない。真剣に自衛隊のこと考えたことがあるのだろうか。今回の発言は大臣としてはもちろん、政治家としても失格であることを自ら証明したのと同じ」と批判した。

   閣僚たちの不用意な発言によって、菅内閣の揺らぎはますます加速している。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中