2018年 7月 19日 (木)

楽しんごプロレスラーにキスしまくりで「大満足!」

印刷

芸人報道(日本テレビ系月曜24時49分>11月15日(2010年)の放送は「NOAH×芸人報道プロレス万博」の第2夜。最初の試合はバイセクシュアル芸人の楽しんごが選んだお気に入りのプロレスラー2人が戦い、負けた方が楽しんごにキスされてしまうというゲームだ。

「今度、新宿2丁目行きましょう」

   選ばれたKENTA選手も石森選手も当然キスを嫌がり真剣勝負。試合が始まると、楽しんごは観客席で早くも大興奮。選手が近くに来ると「我慢できない」と抱きつこうと飛びつく。雨上がり決死隊の2人に「落ち着け」と抑えようとしても、いよいよ暴れる始末。結局、石森選手の負け。楽しんごは石森選手に嬉しそうにキスをする。と、楽しんごは勝ったKENTA選手にもキスを浴びせる。試合後のインタビューでは、何故か「今度一緒に新宿2丁目行きましょう」と意気投合してしまう石森選手と楽しんごだった。

   次の試合は平柳選手と高山選手の対戦で、平柳選手が負けたら、日ごろから陰で「あいつは嫌いだ」といっている選手の名前を暴露されてしまうというもの。対戦相手の高山選手はこれまで数々のチャンピオンに輝いており、平柳選手との力の差は歴然。

   そして、予想通り平柳選手の負け。そこで嫌いな選手として発表されたのは、なんと大先輩、佐々木健介。その佐々木健介から平柳選手への制裁は次回となった。

   勝てばキスされないはずだった選手もキスされてしまうというのは、はじめから予想された展開。番組の内容も構成もありきたりのものでお決まりのパターンだが、それでも楽しめる。

どらみちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中