法相辞任では解決しない 民主「試運転」内閣の病巣

印刷

   内閣支持率がとうとう26%というところまで落ちた。普天間から始まって、いまだにけりがつかない政治と金、さらには尖閣、北方領土問題での不手際、そして閣僚の失言。ここでも迷走が続いていた。

   先週末には、日に5人もの大臣が訂正、謝罪に追われた。焦点は、「2つの台詞を覚えておけば楽だ」と迷言をはいた柳田法相と自衛隊を「暴力装置」と読んだ仙谷官房長官だ。街の声も、「情けない」「恥ずかしい」、中にはかわいそうに、辻立ちの新人議員が「君には2度と投票しない」と決めつけられるシーンまであった。

「1票はどぶに捨てられたみたい」

   にもかかわらず、きのう(2010年11月21日) の官邸周辺は、うじうじとした状態が続いていた。当人も首相も「続投」を繰り返す。これに野党が問責決議案を出すと決めたため、夜になって少し風向きが変わっていた。この朝、「とくダネ」が始まって間もなく、「法相辞任へ」が伝わった。

勢いが…

   「とくダネ」はきのう、銀座で100人にアンケートを行った。○×ではなく「菅政権にこれがいいたい」と意見を書き込むものだったが、あっという間に意見が集まったという。いかにこの問題への関心が高いか……。

   結果は、「支持しない」53人、「支持する」20人、「どちらでもない」27人だった。「支持する」からは「しっかりしろ!」、「どちらでもない」では、「政権担当能力があるか否か疑問」「守れない約束はしないで」、「支持しない」からは、「期待していただけにがっかり」「解散してもう一度信を問え」「私たちの1票はどぶに捨てられたみたいだ」 と全体に厳しい。

   小倉智昭は、「柳田さんはきのう、役人のせいにするような発言をしていて、おいおいと思ったが……仙谷、馬淵さんへの波及は?」

   政治評論家の角谷浩一が、「野党が突きつけた問題は4つで、小沢さんの金の問題、柳田発言、防衛相の通達(民主党政権に批判的な人は呼ぶな)、尖閣ビデオの公開だ。このうち小沢問題をのぞいては、クリアされるので、少し下火になりそう」という。「しかし、本予算の議論になると楽ではない」

支持率も危険水域

   ピーコが、「沖縄へ行ったら、もう暮らしていけないといってたが、これが首相に伝わってない。菅さんがどうしてなったのか。外国の人の前でメモを読んだり、顔見ないで下向いている総理大臣っていただろうか」

   小倉「支持率も危険水域に入っている。菅さんは野党の時の勢いがまったくなくなった」

   角谷「枝野さんが、『政治とは、野党と与党でこんなに違うのか』といっていた。与党になって1年3か月たって気づいた。まだ試運転中です、では通らない。そろそろ国民は気づき始めている」

   ボード一杯に張られた100枚のアンケートが壮観だった。国民がどんどん書いている。民主党が頼りないお陰で、国民が目覚めたとすれば、役目は果たしたといえる?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中