40歳クルム伊達公子 ブログでにじませた悔しさ

印刷

   広州アジア大会・テニス女子シングルス準決勝でクルム伊達公子選手(40)は11月21日(2010年)、中国の彭帥選手にフルセットの末に敗れて銅メダルに終わった。ブログではその悔しさが語られている。

   試合では調子があがらないままラケットを握っていた――。サービスもバックハンドのフィーリングは全くあわず、試合に負けたことよりも「自分自身のテニスにガッカリです」と打ち明ける。

   もっとも40歳の伊達にとって、アジア大会での連戦は「疲れはピークを越えていた」。ベストパフォーマンスとは言えない中で戦い、結果を出すことの難しさをあらためて感じたようだ。ちなみに、アジア大会を終えて今季の日程はすべて終了。オフシーズンはしばらくラケットを握らず、心と体をリフレッシュさせたいという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中