ソフトバンク斉藤和巳が説明 コーチ兼任の深層

印刷

   プロ野球ソフトバンクホークスの斉藤和巳投手が11月21日(2010年)のブログで、来季はリハビリ担当コーチをつとめ、自身もリハビリを続けながらも選手として復帰を目指すことになると報告した。

   07年シーズンを最後に右肩痛の手術とそのリハビリを続け、1軍のマウンドから遠ざかっている斉藤。ここ数年、本人は「来年こそは」「今年こそは」と決意して挑んできたものの、「まだまだ力不足って事やね」と振り返っている。

   来シーズンを「リハビリ担当コーチ」として契約することについては、チームやファンから理解してもらうことが難しいのではないかと悩み、話し合いを重ねた結果、こうした形で「再スタート」をきると決断した。「コーチという肩書きは付いてるけど、復帰に向けてやって行く事には変わりはありません!」と意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中