宇多田ヒカルが不安明かす 「1人で何もできないおばちゃんになりたくなかった」

印刷

   歌手の宇多田ヒカルが東京都内であったJ-WAVEの「TOKYO HOT 100」公開ラジオ放送に生出演した。2010年11月21日、年内いっぱいでの無期限活動休止を宣言している宇多田は、「自分の家賃も知らない」と明かし、「このまま50歳くらいになって、1人で何もできないおばちゃんになりたくなかった」と思いを語った。

   宇多田は活動休止に入る理由として「人間活動に専念」を挙げている。15歳でデビューしたまま「大人になっていない」自分を変えたいとの狙いがあるようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中