矢部美穂のバー商売上手…「タレントの店」失敗例も見たい

印刷

「やりすぎコージー 副業でもうかってる芸能人~やりすぎサイドビジネスバカ」(テレビ東京)2010年11月17日22時~

   この日はサイドビジネスで成功している芸能人をゲストに迎え、店内の様子やメニュー、タレントたちの働きっぷりなどをリポートしていた。登場したのは創作居酒屋をプロデュースした木村祐一ほか、つけ麺屋をプロデュースしたシャンプーハットてつじ、馬肉専門店経営ドロンズ石本、健康ドリンクバー経営揚田あき、アイドルバー経営矢部美穂、もんじゃ焼店経営なぎら健壱の6人。
   たとえば矢部美穂の場合。グラビアアイドルでドラマやバラエティなどに引っ張りだこだった矢部。最近すっかり見なくなったと思っていたら、母や妹とともに「YABEKE」というバーの経営をしていた。生ビール1杯840円でしかも量が入らないようなグラスで。ファンがお酒1杯でねばるからオープン当初500円にしていたチャージを800円にしたとか、事務所の後輩アイドルたちをお手伝いで使っているとか、なかなか商売上手だ。「アイドルって寿命短いじゃないですか、だから保険」などとしたたかな発言も。
   なぎらも本当かウソかわからないが、アルコール類の売り上げを伸ばすために味付けをわざと濃い目にしているなどと笑いながら言っていた。
   それぞれ頑張っているのはわかったが、タレントの店というだけで儲かるご時世でもない。どうせなら成功例ばかりではなく失敗したタレントたちも呼んでどんな手痛い目にあったか語らせたほうが番組として面白かったのでは。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中