加藤浩次が「紅白」人選批判 そのとき、テリーは…

印刷

   大晦日の紅白歌合戦の出場者が昨日(2010年11月24日)発表された。例年通り話題に乏しく、スッキリ!!の盛り上がりポイントも、出場者よりは気になる落選組のほうになったようだ。今年日本を席巻したK-POPアイドルの姿がないことや、豪華衣装を武器に小林幸子との対決を重ねてきた美川憲一の落選といったことである。

   司会の加藤浩次は「なんだよー、ダメだよ。美川さんがいないとはじまらないよ」と冗談混じりな顔して声を張り上る。「まあ、でも平気です」と、紅白応援隊をつとめるテリー伊藤が言う。

「今回は郷ひろみさん、加山雄三さんが」

   平気な理由には「今回は郷ひろみさん、加山雄三さんが出る」などと「見所」を挙げ、美川落選については「出場数が6人減ったんで、いろいろあったんでしょうね」と言葉を濁した。応援隊の一員として、紅白批判と受け取られかねないコメントは厳に慎もうといった様子である。

サプライズが

   それでも、テリー自身、今回の人選に物足りなさを感じているのか、09年の紅白で大物・矢沢永吉の出演が後から発表されたことを引き合いに出し、「ああいうサプライズがあってほしいですね」と期待していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中