カープ石井琢朗 契約交渉の場で驚いたこと

印刷

   プロ野球・広島東洋カープの石井琢朗選手が11月24日(2010年)のブログで、契約更改交渉のことを話題にしている。

「無事、サインをして来ました」

   実は石井選手、下交渉の段階では「現状維持」と提示されていたのが、交渉の場で「いきなりのアップ提示」。思わず内心では「マジっすか?」と叫んでしまったらしく、このサプライズには「これでいいかな?」と思わないでもない。

   とはいえ、今シーズンの石井選手は74試合出場、打率3割1分8厘と数字は好調。Bクラスで終えたチーム内にあって、数字の面ではその貢献度は高いものの、本人は「年間を通して残した数字じゃありませんでしたからね」と控えめ。あまり期待もせず交渉に挑んだようだが、球団側からは「いろんなところでの評価をしてくれてのアップだった」ことを聞かされ、「素直にありがたかったです」と満足げの様子だ。

「ということで、来シーズンもカープでプレーすることになりました。また、カープで野球ができることを喜びに、そして、支えてくれる皆さんに感謝しながら頑張りたいと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中