太田光が「宣伝要求」 「照れ隠し」?本気?

印刷

   お笑いコンビ、品川庄司の品川祐が11月25日(2010年)のブログで、爆笑問題の太田光から、デビュー小説をブログで紹介した件について感謝されたエピソードを綴っている。

   11月10日更新のブログで、太田の処女作「マボロシの鳥」を絶賛した品川。バラエティー番組の収録で会った太田に、「いいことばっかり書いてくれて感動したよ 嬉しくて泣きそうだったよ」「やっぱ文章うまいね 褒めかたが違うよ」と言われ、自分まで嬉しくなってしまった。「僕は本当に喜んでくれている太田さんを見ているのが気持ちよくて 清々しくて ずっと見ていたいと思いました」。

   すると太田が急に真顔になり、「あれはあれで凄い良かったから また、後日談みたいな感じで褒めといてよ」と更なる宣伝を要求されたという。

   「急に大人の部分出てきちゃったよ」。品川は「カブトムシを捕まえて喜んでいた小学生が、そのカブトムシを売るとこ見ちゃった気分だよ」とガックリ。

「まあ、それが太田さんの照れ隠しボケであることは今さら説明もいらないだろう」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中