2018年 7月 22日 (日)

オードリー春日「牛丼1杯で5日間食いつなぐ」スゴ腕!

印刷

「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日)2010年11月25日19時~

   この日の企画は「復活! 1ヶ月1万円生活」。このところ「○○(店名)のメニューをすべて食べ尽くす」企画ばかりで、いい加減飽きていたところにこの節約生活の復活は嬉しい。今回対決するのは種子島出身の貧乏アイドル上原美優と節約芸人オードリー春日俊彰。1万円で30日間生活し、どちらが節約出来たかをバトルするものだ。

上原美優「でんぷん粉のみ貧乏料理」

   春日はテレビに出始めの頃、家具や電化製品はほぼ拾ってきたものなどと節約自慢していたが、実際に春日の生活ぶりを見ると驚きとしかいいようがない。たとえば1食250円の牛丼を5日に渡って食べるというスゴ技。お店で「つゆだくねぎだく紅ショウガたっぷり」の牛丼をオーダーし、店内でつゆを別の容器に分けて家に持ち帰り、家で牛丼を、肉、玉ねぎ、ごはんに仕分け、味噌汁から具のワカメをとり出して冷蔵庫に保管。初日はつゆの凍みたごはんと紅ショウガで紅ショウガチャーハン牛丼風味を作り、ほかにもミートソースや食べるラー油などにアレンジ。
   一方の上原も種子島の名産でんぷん粉を使って様々なオリジナル料理を作り、どちらもなかなかの腕前だった。風呂なしアパートの春日は赤ちゃんのお尻ふき1枚で体を拭いて風呂代わりにするなど、とても凡人には真似出来そうにないが節約料理は役立つかも。
   ちなみに今回の放送は6日目までで、一番の節約は番組を何週かに分けて放送することだったりして。

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中