2018年 7月 22日 (日)

酒井法子「執行猶予明け待たず本格復帰作戦」?

印刷

   元女優の酒井法子が自叙伝「贖罪(しょくざい)」(朝日新聞出版)を来月上梓することがわかった。今日(2010年11月30日)発売の「週刊朝日」には、出版記念のロングインタビューが掲載されている。

   「スッキリ!!」によれば、気になる覚せい剤について、信頼していた夫から勧められてはじめ、壊れそうな「夫との絆」を保つためにやっていたとの趣旨が載ってるそうな。スタジオでは「言ってることが受け身で被害者」(テリー伊藤)、「執行猶予中の出版には違和感がある。反省には沈黙の期間が必要」(渡邉美樹ワタミ会長・CEO)など、違和感を訴えるコメントも聞かれた。

元事務所社長「いかがなものか…」

   これは芸能的活動復帰への足慣らしなのか――。気になるところだが、酒井が現役当時所属していて、復帰の際にはサポートすると見られる芸能事務所「サンミュージック」の社長がインタビューに応じていた。出版については報道があるまでまったく知らなかったといい、「執行猶予中は一生懸命更生して、執行猶予が明けてから、復帰のチャンスがあれば出て行くのがいいんじゃないか」と話す。

言い分は受け身で被害者

   さしあたり、自叙伝出版に関連して、週刊朝日に続くテレビ・雑誌インタビュー、イベント、会見などの各種パブリシティ活動を行うのか行わないのか。

「私も本を出すと、インタビューを受けたりしますが、(酒井は)しないんですかね?」

と精神科医の香山リカ。「そこはしないかもわかんないね」とテリー伊藤が首をひねる。

   番組には「そのあたりの情報はまだない」(海附雅美リポーター)そうである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中