植村花菜「トイレの神様」紅白会見 ドン・アッコ『不快』至極当然!

印刷

「アッコにおまかせ!」(TBS)2011年11月28日12時~

   日曜お昼の生放送「アッコにおまかせ!」は和田アキ子の毒舌がウリだ。一応、峰竜太もMCのひとりだが峰の出番はほとんどなく、アッコと準レギュラーの出川哲朗、勝俣洲和、松村邦宏らアッコファミリーが馴れ合いでやっているような感もある。
   前半のコーナーは「芸能&ニュースどばっと1週間 おまかせ!トピックス」。スポーツ新聞の記事や芸能ニュースを紹介し、そこからピックアップしたものをパネルにして独自の視点で掘り下げるのだが、注目はアッコの発言。ネタのないスポーツ新聞などはここでのアッコの発言をそのまま記事にするなんてこともよくある。
   この日の話題は市川海老蔵の傷害事件とナイナイ岡村の復帰、紅白歌合戦の出場者決定など。この番組のスタッフはアッコが怒りそうな話題を選ぶのが上手く、今回も紅白歌合戦初出場の植村花菜を取り上げていた。「トイレの神様」がブレイクした植村。9分52秒という長い歌を「どこも削るところがないので全部歌わせていただきたい」と会見で述べ、スポーツ新聞の記事によるとNHK側も了承済みだとか。この記事を紹介している間、右上のワイプに映るアッコは極めて不快な表情で、VTRがあけると「どんな歌だって削るところはない!」と植村の発言に噛みついた。
   果たして芸能界のドン、アッコさんを敵に回わしてまでも植村がノーカットで歌うかどうか。今年の紅白の目玉かも!?

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中