海老蔵起こるべくして起こった「舞台とオフまったく別人」

印刷

   歌舞伎の市川海老蔵(32)が元暴走族の26歳の男に暴行をうけて重傷を負ってから今日(2010年12月2日)で1週間。顔の骨折の手術から3日経ったが、容態はそう悪くはないらしい。

   顔に包帯はなく、はれもひどくはない。左目の白目に血の塊があり、腹部のキズで血尿がある。食事も普通食だが、精神的なダメージがあるらしく暗い表情だという。

   目の血について、司会の小倉智昭は「目は血が出やすい。見るとびっくりするけど、1週間か2週間でなくなる」と、やけに簡単に断定する。

言葉に飾りなくストレート

「どんなクスリよりクスリになっちゃったんだ」(小倉)
奥様がたいへん

   というのは、とかく聞こえてくる海老蔵の夜の行状があんまり芳しくないからだ。結婚直前に女性を連れて豪遊していた、暴走族の女性をナンパしていた、人にいきなり「あんた誰?」「いくらもらってんの?」など傲慢な口をきくなどなど。

   テレビ局には古い映像がいくらでも残っているから、父・団十郎が襲名したときのまだ6歳の姿から始まって、25歳で「隠し子」がいて責任をとった話、海老蔵を襲名したころ何人もの女優と浮き名を流したりと、ずらりと並べてみせる。

   今回の事件でも、海老蔵の話と暴走族グループの話はずいぶん違っている。本人は「酔いつぶれた友人を介抱していたら、突然殴られた」と言うが、元暴走族のリーダーに頭から酒をかけたり、 暴言に近い言葉をはき、最初に手を出したのは海老蔵だったという話もある。

   小倉は「もしそれが正しいのなら、(暴行側も)早く出てきた方が心証がよくなるのに」

   日頃の取材では「怖いばあちゃん」といわれているという武藤まき子リポーターは、「海外公演なんかでは、劇場とホテルを往復するだけというくらいで、仕事に入ったら仕事だけ。ただ、言葉に飾りがなくてストレート。酒癖もよくないので、起こるべくして起こった自業自得だともいわれてる」

   芸能デスクの前田忠明も「芸に入ると生真面目だが、外へ出ると人格がまったく変わると聞いたことがある」

   女優の真鍋かをり「奥様がたいへんでしょう」

   麻央さん(28)は病院につきっきりで、一歩も外へ出ていないのだそうだ。

   新年の1月3日からの公演に出られるかどうかが目下の関心事。本人は「やりたい」と言っているそうだが、担当医と団十郎、本人、松竹が今日、明日にも結論を出す見通し。

   小倉「体だけじゃないと思う。いさぎよく休んだ方が逆にいいことがあるんじゃないか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中