2018年 7月 22日 (日)

NASA発表「地球外生物」期待はずれの細菌話でがっかり

印刷

   1999年4月にスタートした「とくダネ!」がきょう(2010年12月3日)、めでたく3000回を迎えた。11年と8か月。スタート当時の映像が流れてみると、司会の小倉智昭も笠井信輔キャスターもやっぱり若い。佐々木恭子アナはママになったが、中野美奈子アナは「まだ学生でした」

「猛毒のヒ素食べる」というだけ

   記念すべきこの日のトップニュースは「これだ!」、と意気込んでいたのがNASAの発表だった。事前の予告が「宇宙生命学上の発見」となっていたため、CNNなどが「地球外生命体か」と騒ぎ、「とくダネ!」も午前4時の発表に備えていたという。

宇宙人絶対いる

   ところが、発表は「猛毒のヒ素を食べる細菌を発見した」という地味な話。生命体の維持、増殖には「6元素」(炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄)が必要だが、 発見された細菌はリンの代わりにヒ素をDNAの中に取り込んでいた。

   カリフォルニアの塩水湖から見つかったらしいが、ヒ素で生きるというのは「生物学の常識」に合わない、つまり地球外の生命体の可能性があるというわけだ。

   小倉「生物学上は大変な発見なんでしょうが、わかったようなわかんねぇようなで、がっかりしましたよね。ひからびた宇宙人とかミイラとかを期待していた」(笑い)

   山口義行(立教大教授)「見出しを見てスポーツ紙を買ったら、だまされたみたいな」

   小倉は「地球外に生命体はいるに決まってる。地球だけなんてのは地球人の奢りだ。 一昨日なんか、2億8000万光年の話をしたんですよ」

   芸能デスクの前田忠明「全然わからない(笑い)。でも(宇宙人はいるという)小倉さんの主張に一歩近づいた」

   小倉「日本は『はやぶさ』で成功したんで、NASAは焦ってるんじゃないの(爆笑)。次は現実的なお話です」というわけで、話はまた海老蔵になった。

「海老蔵」病院屋上で麻央夫人とツーショット

   暴行を受けて入院中の市川海老蔵がきのう、病院の屋上で妻の麻央さんや医師と話したり読書したりする姿をフジのカメラがとらえていた。見たところは普通に見える。これをまた医者に見せてああだこうだ。ご苦労様なことである。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中