海老蔵ブランド復活『大芝居』―世間にどうケジメつけるか

印刷

   市川海老蔵暴行事件では、彼と一緒に飲んでいた暴走族の元リーダーが、先に手を出してきたのは海老蔵であり、殴られてケガをしたなどと主張しているそうで、被害者と加害者の関係がこれまで語られてきたほど一方的だったのかが問題になりだした。

「挑発行為やどちらかが手を出したのかといった経緯を、警察は細かく調べる必要がある」

と「スッキリ!!」のコメンテーターの八代英輝・国際弁護士はこう話す。

警察は細かく調べる

   そうしたなか、番組では海老蔵ブランド復活についての論考も行われはじめた。粋がってたプリンスが地に墜ちるという演目は世間で広く好まれているが、一方で汗と涙の更生・再生物語も大衆の御涙を頂戴できる強力な主題だ。

   CM業界にくわしい宣伝会議編集室長・田中里沙は、今後の海老蔵のタレント価値は「海老蔵さんがどういう形で社会にたいしてケジメをつけるか、その持って行き方次第だ」と言う。具体的方策について、番組ではとくに教示がなかったが、涙の謝罪会見などもありえるのだろうか。ただ、その際はパンツを脱いで土下座したりしないでほしいものだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中