「海老蔵」まだよくわからない暴行事件こんな疑問

印刷

   歌舞伎役者・市川海老蔵に対する暴行事件がこれまでとは違った様相を見せ始めた。今朝(2010年12月3日)のスパモニは昨日に続き、新たにわかった新事実を紹介している。その一つは海老蔵は一方的に殴られたのではなく、海老蔵も数発殴り返していた事実が判明。

ビル1階でなぜか再会

   さらに、海老蔵は相手グループから逃げたが、追いかけられて殴られたと話しているが、先に店を出たのは相手グループで、海老蔵はその後に店を出て非常階段から下りていったという。

気さくな人だけに…

   事件の取材を続けている井口成人レポーターはこんな疑問を指摘する。

「相手グループはエレベーターで降りたそうです。海老蔵さんは階段ですからタイムラグがあるはず。なのに、なぜか1階で両者はまた顔を合わせているんです。これがわからない」

   メインコメンテーターの山口一臣・週刊朝日編集長は「要するに酒の席での喧嘩という単純な事件でしょう」と切り捨てた。木場弘子(キャスター)も「お酒を飲み過ぎるとどんなリスクがあるかは社会人として知っていたはず。それなのに泥酔状態なるまで飲み続けたとは、一人前の大人としてどういうものかという疑問がわきます」と首をかしげる。

   司会の赤江珠緒アナは「以前、海老蔵さんにインタビューをしたときはフレンドリーで気さくな人でした。どこでタガが外れてしまったのでしょうか」と結んだ。

   海老蔵暴行事件の新事実はまだまだ出てきそうだ、

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中