2018年 7月 16日 (月)

「初耳です(笑)」サイバー・藤田社長、ヤクルト買収を否定

印刷

   プロ野球・ヤクルトスワローズが身売りされるとの報道をめぐり、売却先として名前が挙がったサイバーエージェントの藤田晋社長が、2010年12月4日、ツイッター上で紙面の写真とともに「朝起きて、一気に目が覚めました。初耳です(笑)」と報道の内容を否定している。

   身売り説を報じたのは、同日付の日刊スポーツ。記事では、

「ヤクルトが球団譲渡を検討している」
「売却先にはインターネット総合サービスの大手『サイバーエージェント』が挙がっており、今日4日にも球団側が緊急会見を行う」

などと報じているが、藤田社長は

「五年前からヤクルトファンになったから嬉しい話だけど」

と困惑しきりだ。ヤクルト球団も、「全くの事実無根」とするコメントを発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中