鴎外と恋人の秘密 魅力ある「ナゾ解き」の力作

印刷

HV特集(NHKハイビジョン)>ハイビジョン特集「鴎外の恋人~百二十年目の真実」をみました。森鴎外作品「舞姫」の主人公「エリス」のモデルの謎を丹念に追うドキュメンタリーでした。

   今野勉という、独立系テレビ番組制作会社テレビマンユニオンの創立者としられる、私より1歳上かな、この業界の先輩が手掛けた作品です。

凜としたナレーション

   名前のイニシャル2文字を組み合わせるなどするモノグラム刺繍の金属型に残された文字などをヒントに、鴎外とドイツでの恋人「エリス」との関係を解き明かしていきます。モノグラムに隠された文字、意図を推理して事実を追いかけます。ドイツでも取材し、彼女が当時15歳の少女だったことや彼女は後に結婚し、孫がいることも分かりました。彼女は、ドイツへの留学後日本へ帰国した鴎外を追って船で日本を訪れます。結局、彼女はドイツへ帰されるのですが、彼女とは結婚できない当時の鴎外の家庭や仕事の事情なども丁寧に掘り起こしていました。彼女が後に結婚したというのを聞いて、救いがある話でよかったと思いました。

   彼女の両親は、当時は異例という異なる宗派同士で結婚した夫婦でした。だから娘の「異例」の日本行きも親の理解を得られたのかもしれません。

   石坂浩二のナレーションも凜としていて良かったですね。非常によくできた立派な作品でした。「90分」の分量には少し疲れましたが。とことん追究するぞ、という渾身のジャーナリズムですね。老いの一徹でしょうか。

      どこまでも 追究していく 心地よさ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中