2018年 7月 16日 (月)

天野ひろゆき 「出産に立ち合った子牛『キャイ~ン』と命名」

印刷

   お笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆきが12月6日(2010年)のブログで、感動体験を報告している。

   NHKの特番で訪れた神奈川県立相原高校には農業系の学科があり、番組では生徒たちとともに農業や「食」の未来について考えたが、ここで感動的な瞬間に立ち合うことができたという。

   休憩中にお昼ご飯を食べていると、慌てた様子でディレクターがやってきた。「お休み中すいません。う、う、う、産まれそうなんです!」と慌てている。天野はとっさに「奥さんが?」と冗談を飛ばしたが、産まれそうなのは同校で飼われている牛。すぐに行ってみると、先生と生徒数十人が集まっていた。

「横たわる母牛から、子牛の前足が少し出ている」「少し、苦しそうな母牛に声をかけるみんな」「よーし、みんなで引っ張り出すぞ!!」

   天野も「少しビビりながら」子牛につながれたロープを握り、牛の出産を手伝ったという。生まれた瞬間、周囲からは自然と拍手がわき、「けっして、教科書では学べない、まさに、命の授業」だと天野は感じていた。

   ある先生が牛の名前を「キャイ~ン」にしようと提案。牛の出産は普通は夜が多く、昼間は稀。「きっとお二人が来たからですよ」と聞かされ、校長の許可も得られた。「みんな、可愛がってくれるといいなぁ」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中