2018年 7月 24日 (火)

スッキリ!!+麺屋武蔵「ビーフシチューら~麺」カップで登場

印刷

   「スッキリ!!」が先鞭をつけた商品開発は依然快調らしい。今度は麺屋武蔵の「ビーフ シチュー・ラーメン」のカップ化だ。試行錯誤の末に、カップめんの形にしたものを試食したのが先週。チーズたっぷりのめんにデミグラス、グラスドビアンを加えたソース、これにジャガイモ、ニンジン、タマネギとサイコロビーフ入りだ。

   試食では、「スープにコクがある」「いままでにない食感」「チーズがいい」と、食 いしん坊、葉山エレーヌ も大満足の表情だった。しかし、その時の器はまだ真っ白だったが、今週(2010年12月9日)はそのデザインも決まったという。黒とゴールドが基調で、「ビーフシチューら~麺」「伝説のラーメンが堂々復活」とあって、サイドには「スッキリ!!+麺屋武蔵」。

ローソンで限定販売357円

   さっそく阿部祐二アナがタレントのほしのあきのところへ持ち込んだ。ほしのは以前、麺屋武蔵の「ビーフシチュー・ラーメン」を食べていた。一口食べて「覚えてます。これカップ麺ですよね。なんでツルツルもちもちしてるの?。スープもいい、お肉も軟らかい」

濃いめにするといい

   次が中川家の兄弟。封を切って作り始めた。

「うまい、うまい」「味わったことない」「この麺がしっかりしてる」「なんか入ってるぞ」「チーズちゃうか」「これおいしい」「人気出るでこれ」

   お値段だが、357円が高いかどうか。中川家の判断は「食べてみてください。払ってでもたべたいよ、ちょっとした贅沢だね」(弟)

「いためたタマネギ入れて、パンなんか浮かせてチーズ乗せて、レンジにいれたらオ ニオンスープみたいになる」(兄)

   とはいえ、これも「中川家の寄席」(12月23日新宿シアターサンモール)のPRとのタイアップ。ほしのも「ほしのビューティー」(ワニブックス)のPRと、商売がらみだった。

   スタジオでは最後の試食。

   司会の加藤浩次「お湯を少なくして濃いめにしたが、この方がいい」

   初めての大沢あかね(タレント)は「なんでこんなにお肉が軟らかいの」

   この「ビーフシチューら~麺」。12月14日から全国のローソンと日テレ屋、日テレ屋webで発売されるが、数量限定ときたもんだ。商品開発担当の藤田大介アナは、さらに「スッキリ!!」が「イオン」と共同開発した新感覚スイーツ「MoRuMe」とやらの宣伝もしっかりとやっていた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中