海老蔵会見に隠されたメッセージ「裏交渉しない」「闘うぞ」

印刷
「われわれもはっきり分けねばいけないですね。暴力を加えた方は犯人ですから、早く出頭すべしと、分けて話をしなければいけないと感じます」

   市川海老蔵事件続報。司会の小木逸平アナがこう語った。「スパモニ」もそうだが、テレビ各局のワイドショ-は連日、加害者側関係者の伝聞をもとに「海老蔵叩き」と取れる情報を盛んに流してきた。「スパモニ」はここにきて軌道修正を始めたのか。

同席の弁護士は「民暴対策のプロ」

   山口一臣(「週刊朝日」編集長)が次のように話し始めて、流れが変わった

水面下の接触
「(海老蔵の)会見について、世間では批判的な声が多いが、私は(あの会見は)加害者グループに対する海老蔵さん側のある種の意思表示だと思って見ていました。
加害者側はちょっと前まで、なんとか示談に持ち込もうということで、(海老蔵側と)水面下で接触していた。会見に立ち会った弁護士は、日弁連の民事介入暴力の対策委員長をつとめた方で、暴力団とは取り引きしないと闘ってきた人です」

   この話にスタジオでは「エ―ッ」と驚きの声が上がり、小木が「会見で語った言葉の裏には、『裏交渉』はしないぞという意思表示があったんですかあ」と気づく。

   有名人叩きにどこかの番組が走ると、一斉に他局も後を追う。悪い癖だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中