村上佳菜子「『勝者ゆえのプレッシャー』これから課題に」(荒川静香)

印刷

   フィギュアスケート「グランプリファイナル」に初出場で表彰台(銅メダル)に上がった村上佳菜子選手(16)。北京から帰ってきた13日(2010年12月)、来年3月の世界選手権に向け「ショート、フリーでノーミスを達成したい」と新たな抱負を語った。

   スタジオは、「浅田真央のトリプルアクセルのような『必殺技』はまだ見出していないようですが…」(小木逸平アナ)、「第2の真央ちゃんに」(大澤孝征弁護士)と期待が膨らんだ。

   グランプリファイナルのショートプログラムで、村上はノーミスの自己最高得点を出し3位につけた。フリーは3回転フリップで踏み切りが遅れて失敗したが、その後にコンビネーションを変えた3フリップ、2トゥルーフのリカバリーを見事に成功させて2位に。総合では2位のコストナーとの差は0.01点だった。

ミスをリカバリーした凄さ

   村上の演技を北京で見ていた荒川静香(トリノ五輪金メダリスト)も、「あのリカバリーで今回の大会で彼女のすごさを感じた」という。

冬はスケート

   村上はあどけない表情で「ずっと目標にしてきたショートとフリーをノーミスすることを達成したい。世界選手権に行けたら行きたい」と、年明けに向けた抱負を語る。

   荒川は「勝っていくことで追われる立場になった時、プレッシャーとどう闘うか」がいずれ課題になるという。16歳に少女がそうしたプレッシャーに立ち向かう姿もフィギュアの魅力か。

   いまや欠かせない冬の祭典に、司会の赤江珠緒は「冬はスケートを見るものという感じになりましたね」と語った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中