ふじいあきら マジシャンに必要な2つの技術

印刷

   マジシャンのふじいあきらが12月14日(2010年)のブログで、マジックに大切な2つの「技術」があると語っている。

   物理的技術と心理的技術――。マジックで重要なこれらの技術は、前者は器用な手さばきのことで、後者は「俗に言う『ハンカチを振っている間に何かする』というやつです」と説明する。具体的には、観客がハンカチをハンカチと認識するまでの間に「何かする」ことだという。

   2つのうち、どちらを先に学ぶべきか。ふじいは、ある程度の物理的技術を身につけてから、心理的技術を学ぶべきだと考えている。これは経験にもとづくもので、手さばきの荒いマジシャンは心理面でも荒いことが多い。反対に、心理的技術に長けるマジシャンは物理的技術にも高いものをもっている。手さばきの確かさが、心理的な余裕をもたせているのかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中