2018年 7月 24日 (火)

AKB前田・峯岸「もしドラ」出演「精一杯マネージャー務めます」

印刷

   ベストセラー「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の映画化が決定した。2011年6月公開の予定で、主人公の川島みなみ役を人気アイドルグループ「AKB48」の前田敦子が務める。

   映画初主演の前田は12月13日(2010年)のブログで、「精一杯マネージャーを勤めさせていただきたいと思います!!」と書き、「素敵な共演者の皆さんと素敵な作品を作って皆さんの元に届けられるよう 2011年 一発目から気合いをいれて頑張ります」とコメントした。

   一方、原作で主人公のモデルとされているAKB48の峯岸みなみも、後輩マネージャーの北条文乃役で出演する。峯岸は14日、「『伝染歌』以来の映画出演、経験も浅く不安もありますが それ以上にすっっごく楽しみです」とブログで喜びを綴り、「たくさんの人に自分の存在を知ってもらえるように…精一杯頑張ります」と意気込みを語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中