三原じゅん子、陸自定員削減に「そんな馬鹿な」

印刷

   12月12日(2010年)、政府は新たな「防衛計画の大綱」に盛り込む陸上自衛隊の定員について、15万5000人から1000人減らして15万40000人にすることに決めた。このことについて自民党参議院議員の三原じゅん子が13日のブログで噛みついた。

   「なぜ?そんな馬鹿な」と驚き「防衛費も削られている我が日本 どこを見て今後の日本を真剣に考えているのだろうか」「日本をしっかり憂う政治家が必要な時期にきているはずです!」と檄を飛ばしている。

   コメント欄には「民主党は何を考えているのか」「いっそアメリカ国日本州にすればいいんですよ…」といったものが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中