珍説?新説?「濡れたバスタオル振り回しインフルエンザ予防」

印刷

   みのもんたといえば、かつてはさまざまな健康法の伝道師として猛威をふるった男だ。「朝ズバッ!」ではいまでもその名残りを見ることができる。折に触れては、傍目に少々胡散臭い、出所不明の情報を自信満々でおすすめするんである。

   往時の健康情報番組では、専門のセンセイ方の御高説という権威をバックに、みのが得意の香具師的口舌をふるっていた。「朝ズバッ!」は報道/ワイド系番組であり、スタジオには健康のセンセイ方もいらっしゃらない。みの単体の口伝であるため、信憑性はぐっと低くなっており、みの健康法を聞かされるアシスタントのTBS局アナなどは、もちろん肯定するわけにいかず、といって無下に否定することもできず(本当に科学的根拠があったら大変だ!)、といった具合で腰がひけ、コメンテイター陣も同じように困ってしまって沈黙するといったことになりがちだ。

「菌が全部付く」

   本日(2010年12月17日)、インフルエンザ流行のニュースに際して、みの推奨の健康法は「濡れたバスタオル」である。それを持って、部屋のなかを回しながら歩く。すると、「それに全部(インフルエンザの)菌がつく。ホントだよ!」。

ホントだよ!

   スタジオは例のごとく沈黙してしまったので、視聴者的に仕方なくネットで短時間調べてみたが、どこぞのセンセイや機関による「濡れバスタオルで全部集菌説」のバックボーンは見つけることができなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中