2018年 7月 22日 (日)

「黒い粉が降ってきた!」神奈川各地で騒ぎ―富士山火山灰説

印刷

   一昨日(2010年12月15日)、神奈川県内に黒い粉が降ってきた。確認されたのは県内33ある市町村の半分以上の18か所。「とくダネ!」は黄砂との関係や工場からの排煙では、と黒い粉の正体を追った。

正体いまだ不明

   国立天文台は黄砂は確認されていないと回答。県内130か所ある工場からの排煙でもないこともわかる。神奈川環境科学センターの分析によると、粉はケイ素が多量に含まれていて、ケイ素は火山灰などに多い。そこで、富士山の火山灰ではないかと富士山ウオッチャーの遠山喜一郎氏に話を聞く。

宇宙人の黒コショウ

   遠山が当日撮影した富士山3合目の写真に、大規模な砂嵐が写っていた。この日、富士山では風速30メートルに近い強い西風が吹き、大量の火山灰が巻き上げられたという。これが風に乗って神奈川県内に降ったのではないかというわけだ。

メインキャスターの小倉智昭「僕はてっきり宇宙人が来て、黒コショウを蒔いたのではないかと思っていたのに、富士山の火山灰だったのか」
中野美奈子アナ「そういえば、メダカが降ってきたあの騒動は、その後はどうなったのでしょうね」

   メダカじゃなくて、オタマジャクシじゃなかったかな。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中