取手・通り魔事件「高校時代のアンケートで傷ついた!?」

印刷

   包丁2本を持ってバスに乗り込み、通学途中の中・高校生14人にケガをさせた茨城県・取手市の通り魔事件。「とくダネ!」は犯人の斎藤勇太の人物像を追った。

   レポーターの大村正樹は、8分間に及ぶ犯行は、1年前から計画されていたようだと報告。「幸いにも、被害にあった大半の人は軽傷で、一番重い人でも全治3週間とのことでした」と伝える。

   さらに、番組は斎藤の高校時代の卒業文集のアンケートを紹介。ストレスを溜めやすいタイプには第1位で斎藤の名が、事件を起こしやすいタイプでも第4位に斎藤の名があると報じた。

   柴門ふみ(漫画家)はアンケートの設問に首を傾げた。

「なんでこんなアンケートを行ったのかわからない。卒業文集はいつまでも残るものだから、本人は傷つくでしょう」

犯人はいずれも20代

   メインキャスターの小倉智昭「犯人の斎藤は自分を終わらせたかったと話しているようだが、終わらせるなら自分ひとりで終わらせればいい」

自分ひとりで

   コメンテーターの夏野剛(慶応大学特別講師)も「自分が上手くいかないことを社会のせいや、他人のせいにすることは卑怯なことだ。辛いこともあるだろうが、しっかりと自分と向き合っていく必要がある」と語る。

   秋葉原とJR荒川沖。そして、今回の取手通り魔事件といずれも犯人は20代。若者に何が起きているのか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中