取手駅の通り魔・斎藤勇太「一生独身そうな人 1位」高校卒業文集

印刷

   またも無職の男だ。「自分の人生を終わりにしたかった」と、無差別に刃物で斬りつけた。被害者は14人。茨城・JR取手駅で17日朝(2010年12月)起こった通り魔事件は、答えを出せないもどかしさと、事件に慣れてしまう怖さとが入り交じる。

   午前7時40分ころ、通学の学生など約50人 が乗った路線バスに刃物を持った男が乗り込み、乗客12人に斬りつけた。男はいったん取り押さえられおとなしくなったが、再び後続のバスに乗り込んでさらに2人に斬りつけた。

   男は斎藤勇太(27)。どんな生い立ちなのかというと、これもどこかで聞いた話になる。「もの静かで自分からは話しかけない。親友はいない」(高校の同級生)。卒業文集では「ストレスがたまりそうな人」「一生独身そうな人」のふたつで1位になっていた。本人には笑えない話だったろう。

   勉強熱心だったともいうが、大学進学に失敗。職を転々とし、1年前から無職で、自宅に引きこもっていたという。犯行の2日前に自転車で家を出て、公園などで野宿していた。

   取り押さえたタクシー運転手は、「ひ弱な男だった」という。これまた、これまでと同じだ。調べに対して、これまで3回、柏駅などで計画したが果たさなかったと供述しているという。しかし 「殺すつもりはなかった」と、ここだけが違う。

「死刑イヤだけど人生終わりにしたい」

   司会の加藤浩次は「計画性がみえてきた」、レポーターの阿部祐二も「1年前から考えていた。衝動的、突発性ではない」といったが、こんなものを計画と呼べるのかどうか。

ハードルが下がった

   コラムニストの勝谷誠彦は「これまでの事件では『死刑になりたい』だったのが、今回は『人生を終わりにし たい』で、刑務所に入れば終わりと。ハードルがひとつ下がった。だから、オレもというのが出てくる可能性がある」という。

   キャスターのテリー伊藤「人間関係、社会生活がうまくいかないで、それが敵愾心になるというのは多い。秋葉原の事件なんかもそう。自分で心の訓練し てないと、1人で悶々としてるとこうなってしまう」

   三船美佳(タレント)「そういう人が街の中を歩いている…」

   勝谷「そういうヤツっているよね」

   といって、手の打ちようもない。いつも話はここで終わらざるをえない。これが怖い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中