2018年 7月 20日 (金)

鈴木拓 「僕は性犯罪者の役に向いてるようです」

印刷

   お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓が12月20日(2010年)のブログで、映画の仕事が舞い込んできたことを話題にしている。

   今度の仕事は相方の塚地武雅と一緒ではなく、自分だけに入ってきたものだという。映画監督が「この役をこなせるのは鈴木さんしかいない」と直々に指名したそうで、鈴木も滅多にないチャンスだと意気込んでいる。

   与えられた役は徹底的に研究し、最大限努力をしようと心に決めた。ならば、ふだんからもその役になりきった方がいいのではないかと思い、どんな役なのかマネージャーに聞いてみた――。

「援助交際をするサラリーマンの役でした」

   なりきるのは「警察に捕まることになるので」やめることにしたが、撮影では「僕に凄くお似合いの役」だと感じた。今までやってきたどんな役よりも自分にあっているような気さえしていて、「僕は性犯罪者の役に向いてるようです」と自虐的に語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中