さんまもSMAPも「そろそろ潮時」スペシャル感ない恒例番組ひどい

印刷

「さんま&SMAP! 美女と野獣のクリスマススペシャル'10」(日本テレビ)2010年12月19日21時~

   今年で16回目になる「さんま&SMAP」。毎年恒例の生放送番組で、今回は「ほかでは絶対に聞けない禁断の質問SP」だった。さんま&SMAPがゲストたちの質問に答え、1番不誠実だった人(不誠実かどうかは視聴者による電話投票で決定)には「あつあつおでん」か「鼻ザリガニ」の罰ゲームをするという流れ。質問者には雨上がり宮迫博之、マツコ・デラックス、経済評論家金子哲雄、具志堅用高、戦場カメラマン渡部陽一、楽しんご、サバンナ高橋茂雄、有吉弘行、AKB48板野友美&高橋みなみなどがいた。
   毎年、この番組を見ているが、とにかくこれまでで1番酷い内容だった。宮迫の「今まで会って1番興奮した女優は?」に始まり、マツコの「6人の中でアソコが1番デカいのは?」、金子の「貯金が多いのは?」、有吉の「今年こいつクズだなと思った芸能人は?」などくだらない質問ばかり。それにたらたら答え、しかも肝心なところは音声を消してしまうというどうしようもなさ。唯一面白かったのはAKB48の板野&高橋が「今年のライブを見たら木村さんと中居さんが仲良くしていてびっくりしました。2人はいつから仲良くなったんですか?」という、仲が悪いことを前提にした質問にSMAPの他のメンバーが必死でフォローしていたことくらい。
   もはや、さんま&SMAPにスペシャル感もなく、恒例だからと惰性でやるなら、やらないほうがまし。そろそろ潮時では?

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中