元検事・若狭勝弁護士「本業は夢の分析家です」 どういうこと?

印刷

   気象情報会社のウェザーニューズが冬の朝にふとんから出るまでの時間をアンケート調査したという。都道府県別に見る(ことにはたして意味があるのか)と、トップは徳島と宮崎の11分。全国平均は13.3分だった――。

朝、ふとん出る前に思い出して占う

   そんなトピックが番組で紹介され、一段落もしようとしていたころ、コメンテイターの元東京地検検事の若狭勝弁護士が「ワタシ、(寝ているときに見る)夢に非常に関心があるんですよ」とやや唐突に言い出した。

なんのお仕事?

   人は寝ている間に夢を見てるのだが、起きるとほとんど忘れてしまう。そこで若狭は、ふとんから出る前に夢を思い出すようにしているらしい。そしてその夢を分析する。なんとなれば、夢は自分の心理をあらわしてるので大事なんだそうな。

   「みなさんね、ふとんから出る前に夢を思い浮かべて、その日のことをいろいろ占うと――」と若狭。司会のみのもんたのお株を奪うかのように、みなさんに夢占い健康法をオススメしてきそうな勢いだったが、その点はやや不発気味であった。ともかく、夢占いのためには、「ふとんからすぐ出ないほうがいい」。これがトピックとのつながりである。

   法律家と夢占い、夢判断の意外な結びつきに、他の出演者はビックリ。本家みのが「すいません、若狭さんってなんのお仕事されてるんですか」とたずねると、若狭は「ああ、夢の分析家です」と答えて、みのはじめスタジオのウケを取っていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中